飲食

2017/01/28



ベジタブルキーマカレーのスパイシーバージョンです。

思ったほどスパイシーではないかも。

むしろマイルドかも。

辛いもの好きにとっては。

レトルト特有の匂い、臭みはあるけれども、それほどキツくはないです。

さらりと腹ごしらえをしたいときには最適です。


 

2017/01/27



ゴーゴーカレーってキャベツのお代わりが自由だったんですね。

食べ終わった後に気がついた。

お代わり頼んでみれば良かった!と後悔。

キャベツのおかわりが自由だなんて、トンカツ屋さんみたいですね。

しかし、なぜゴーゴーカレーはスプーンではなく、フォークで食べるのでしょうか?

基本、カツカレーが前提だから?

フォークで料理が出てくるけど、頼めばスプーンも出てくるのでしょうか?

ちょっと感じた素朴な疑問。






 

2017/01/16

自分に合った1枚を選べる!

 

フランスから自由が丘に上陸した高級板チョコの店「シャポン」。

 

たしかに1枚2000円のチョコがあったりと、かなり高額ではありますが、それ相応の満足感は必ずあります!

 

ダテに世界一のチョコと名乗るだけはない!

 

カカオ100%のチョコの超濃厚な味わい、たまりませんです。

 

実際にオーナーのシャポン氏がガーナに足を運び、原料となるカカオを厳選しているのだとか。

 

また、店内のカフェにはおしゃれ可愛い食器が楽しめます。

 

今年のバレンタインには、超本気・本命チョコにこだわりたいと考えている方、行ってみたら?

 
 

2017/01/15



旨さ、予想以上!


食べて驚き。
うまいわこれ!

 

ロースとんかつが滅茶滅茶柔らかくて驚きました。

 

またヒレカツも柔らかい!

 

そんな「かさねや」の、こだわりの秘密は?

 

まず熟成三元豚を使っているということでしょうね。

いや、三元豚しか使ってない。

 

この三限豚の熟成にこだわった揚げたてのとんかつ。

 

これを電話1本で届けてくれる宅配とんかつ専門店が「かさねや」なんですね。

 

ご存知ですか?

 

このとんかつ店が使用している三元豚は、安全な肉を使用。
当たり前かもしれないけど。

 

どれぐらい安全かというと、食品管理と職員登録がしっかりとされ、HACCPシステムやSSQFといった工場と農場のチームワークで、微生物や残留検査がなされ、安全品質食品の認証を受けている安全な肉しか使っていないところ。

 

さらに、低温で一定期間保存熟成した、柔らかく風味が向上しおいしくなった豚肉を使用しているんだそうです。

 

豚肉は熟成するとイノシン酸、グルタミン酸の顔料に変化が起こり、うまみ成分が倍増します。
と同時に柔らかくなる。
だから、うま味が増すのです。

 

この品質の良いうまい豚肉を使っているんですね。

 

おすすめメニュー


オススメは、なんといっても熟成重ねかつ弁当でしょうね。
お値段は1,390円です。

 

ちょっと高いが、高いだけの価値はあります。

 

他にも「熟成チーズ重ねかつ弁当」や、「熟成明太子チーズ重ねかつ弁当」、「熟成梅しそ重ねかつ弁当」や、「熟成ねぎ塩重ねかつ弁当」などがあります。

 

女子には「梅しそ&明太子チーズ熟成重ねかつ相盛り弁当」オススメですね。

 

また、ご飯ものだけではなく、「熟成重ねかつサンド」なんかもいいですね。
これはポテトフライが付いています。

 

さらに「熟成ヒレかつサンド」も柔らかいヒレ肉の定番サンドです。
お値段は1,390円。

 

ヒレカツのサンドイッチと言えば、マイセンが定番ですが、そのマイセンに迫るおいしさでビックリ!

 

気になった人は、デリバリーしてみよう!
 

2017/01/13



ドミノピザが期間限定で発売している「クワトロ漢(オトコ)のマヨネーズ」。
それって一体どんなピザ?

 

クワトロからわかるとおり、4種類のピザです。

 

その4種類のトッピングとは?

 

1枚目は、チキンスペシャルズ、パンチェッタ、ピーマン、オニオン、コーン、マヨネーズ。

 

2枚目は、粗挽きソーセージ、ポテト、コーン、パセリ、マヨネーズ。

 

3枚目は、牛カルビ、ピーマン、ガーリック、マヨネーズ。

 

4枚目は、照り焼きチキン、ほうれん草、オニオン、コーン、マヨネーズ。

 

この4種類のピザを楽しめるピザが、クワトロ漢のマヨネーズです。

 

マヨネーズの量は通常の約3倍だそうです。
通常の3倍。
まるで、シャアザクですね。

 

そして、なんと今これを注文すると「特製アイマスク」がついてくるそうです。

「ピザになんでアイマスク?」なんて野暮な疑問は置いといて、2017年の3月中旬までの期間限定なので、お腹の空いた漢(オトコ)はさっさと注文してみよう!

 

ちなみにお値段のほうは、Mサイズが2,600円(税込)、Lサイズが3,900円(税込)です。

 

ピザピールに乗せて食べれば、旨さ倍増?!

ナガオ 木製 ピザピール 大
木製 ピザピール



 


「マヨっちゃう、女の子だもん。」

 

まるで「アタックナンバーワン」のようなキャッチコピーで売り出されているドミノピザの「クワトロ乙女のマヨネーズ」ってご存知ですか?

 

クワトロは「4」を意味します。
つまり4種類のバリエーションを楽しめるピザなのです。

 

人気のマヨジャガに明太マヨが載っているピザ。

 

照り焼きチキンと卵サラダほうれん草マヨネーズトマトソースが載っているピザ。

 

ピリ辛牛カルビにピーマンマヨネーズが載っているピザ。

 

明太マヨソースズワイガニ大海老チェリートマトほうれん草ホワイトソースが載っているピザ。

 

この4種類が1枚にまとまって食べられるピザなのですが、女子向けな割には、かなり高カロリーのような気がします。

 

太るのが心配です。

 

お値段はMサイズが2,600円(税込)、Lサイズが3,900円(税込)で、期間限定販売。

 

2017年3月中旬までだそうです。

 
 
マクドナルドでは、1月16日から100円コーヒーが無料になるそうです。

 

5日間の間です。

 

その理由として16日から「プレミアムローストコーヒー」をリニューアルするからというのがあります。

 

新しいコーヒーの味を知ってもらいたいということがあるのでしょう。

 

あとは本年の部分としては、コーヒー以外の注文もとって稼ごうという目論見もあるでしょうし、「マクド離れ」をしている客を呼び戻し、リピーター作りをしようという作戦もあるのでしょう。

 

そういえば、最近都内でもマクドナルドの店舗がどんどん減ってきてしまっています。
やっぱり異物混入騒ぎのダメージは想像以上に大きかったということでしょうか。

 

近所にあまり見かけなくなってしまいましたね。

 

ただ飲みしようにも、行ける店舗がないという……。
 

2017/01/12

久々にココイチ(カレーハウスCoCo壱番屋)に行ったら、スープカレーがメニューに加わっていましたよ。

チゲ風とチキンカレーと二種類のスープから選べるみたいですな。



季節限定メニューで2月末までだそうです。
興味のある人は、お早めに!

ちなみにイカトッピングのチキンカレー。
ご飯大盛りの3辛でいただきました。



お会計、1030円也!

ニンジンとナスが入っているのは、カレーのお約束的な具材ですが、大根も2切れはいっていたのが新鮮でしたね。





 

2017/01/11

美味しさ、安さの地域ナンバーワンを目指すピザ屋さん、ピザポケット。

そのピザポケットでは2017年3月10日の金曜日まで、期間限定でクーポン券を利用すれば、Mサイズ( 25センチ)のピザが1枚どれでも1,280円(税込)で売り出されるそうです。

これはお得!

ちなみに冬のお得なキャンペーンピザは、コーングラタンのピザ、ジャーマンポテト、ミックスマヨナーラ、博多明太子とお餅のピザ、レッドホットショック、てりたまDXだそうです。

見た感じでは、レッドホットショックがなかなか中身が詰まってお得な感じがします。
 

2017/01/09



丸亀製麺


うどんが安くて、そこそこおいしいお店、丸亀製麺。

期間限定メニューもあったりするので、常連さんが多いのも頷けます。

最近では親子丼の販売も開始しましたね。
これも天ぷらのように持ち帰りが出来るのかな?

あと、確か、毎月1日だと思いましたが、釜揚げうどんは半額になるので、お昼時は行列ができますね。
こういう日は営業時間伸ばして欲しいものですが。

外国人労働者


さて、その丸亀製麺ですが、最近は外国人労働者が増えてきているようです。

もちろん店舗にもよるのでしょうが、少なくとも新宿などのエリアの店舗には、最近、外国人労働者が増えています。

外国人労働者が増えることに対しては、さして抵抗感はないのですが、でも、きちんとお店側、あるいは会社側が外国人労働者に対しての教育をきちんとしてくれないと、食欲減退することもあります。

手でうどんをつまむ


たとえば、新宿のある店舗では、ドンブリからはみ出たうどんの麺を手でつまんで丼ぶりに入れていた韓国系店員がいました(名札の名前で何人かだいたいわかります)。

これで麺をよそわれた人、果たして食べる気するのでしょうか?

何言ってるかわからない


それと、何言ってるのか分からないこともあります。

「お汽車は?お汽車は?」とさかんに尋ねられていたお客さんがいましたが、意味がわからず、目を白黒させていました。

正解は「大きさは?」。

つまり、釜揚げうどんや、かけうどんはサイズを選べるのですが、「並」なのか「大」なのかを尋ねていたというわけですね。

日本人の店員の方がヘルプしてくれたので、なんとか通じたようですが、その後ろにはたくさんの行列でした。

「並」とか「大盛り」のような基本的かつ、よく使われる用語ぐらいは、採用後に、きちんとしたアクセントで話せるかのチェックは必要なのではないかと思いましたよ。

お客さんに日本語が通じなければ意味ありませんからね!


[amazonjs asin="4002709167" locale="JP" title="外国人労働者受け入れを問う (岩波ブックレット)"]


記事検索
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ